手作りヘンプアクセサリーなどの紹介です。気ままに更新♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by myxx
 
[スポンサー広告
アートクレイシルバー
以前やっていたアートクレイシルバーの紹介をしたいと思います。
簡単にできると思いきや、結構繊細な作業が要求され四苦八苦汗とか
初心者の方は作成キットなども出ているので試してみる価値あると思いますオンプB2

アートクレイシルバーとは純銀の微粉末と水、バインダー(結合材)で構成されている銀粘土のことです。
作り方を簡単に説明したいと思います。  

①造形
粘土状態のアートクレイを粘土で造形する要領で、自由に形を作ります。
②乾燥
アートクレイに含まれる水分を、ドライヤーなどの熱風で乾燥させます。
③修正
完全に乾燥したら、作品の形をヤスリで削ったり、彫ったりし好みの形に整えます。
④焼成
アートクレイを高温で焼いて焼結させます。電気炉やガスコンロでも出来ます。
⑤仕上げ
磨いて仕上げます。研磨することにより金属光沢が出てよい仕上がりになります。


シンプル鏡面仕上げネックレス鏡面仕上げ
自分ではこのシンプルなデザイン結構気にいっていますKIRA KIRA
造形で均等に丸みをだすのに苦労しましたが、良い仕上がりにできましたキラキラ



シンプル鏡面仕上げネックレス②
鏡面仕上げ②
これもシンプルながらスマートで気にいってますKIRA KIRA
結構薄いので造形には注意しました汗とか造形時に、ポキッえぇて事が良くありましたからorz



ターコイズペンダント
ターコイズ
これはロイヤルシルバーレース(留めてある石枠)でターコイズ風天然­石を留めたものです。
外枠部分と中心部分をペーストで付けるのがなかなか、大変でした汗とか


UV樹脂ペンダント
UV樹脂
UV樹脂とは、紫外線に反応して硬化する樹脂です。
アートクレイで作った枠の中に、Pジェリーというものを流し込み、そこにドライフラワーをのせ、UVボックスという固める機械で硬化させます。
結構手間のかかる作業ですが、UV樹脂を使うことで作品の幅が広がると思いますオンプB2


ハワイアンジュエリーぽいペンダント
ペンダント
表面の模様はステンシルシートを使いました。
さすがに彫る技術と根気は持ち合わせていないので・・・絵文字名を入力してください


鎖ペンダント
ペンダント
なんとなく丸カンでつなげてみました。シンプルながら少し変わったデザインです。



普通のペンダント
ペンダント
真ん中を削り、両サイドを鏡面仕上げにしました。デザイン的に結構簡単ですオンプB2



ゴツゴツペンダント
ペンダント
ペーストタイプでテクスチャーをつけ、いぶし仕上げ(いぶし液というものを使って黒っぽい仕上がりにすること)にしました。ゴツイので男性用って感じです。








スポンサーサイト
Posted by myxx
comment:0   trackback:0
[アートクレイシルバー
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。